シャワポワ 試合

シャラポワのように…

シャワポワ 試合

全仏オープンTennis選手権大会においてパオラ・スアレス(アルゼンチン)で準々決勝に入った後に
2,004年の間、シャラポワはウィンブルドンで4つの大きな会議初の選手権を示しました。
勝って、圧倒される第13の種からそれのまわりの次セリーナ・ウィリアムズ(米国)へ進んだ彼女6-1だけ
決勝の6-4のストレート。
17才2ヵ月のウィンブルドン女子シングルス・チャンピオンシップが1997年に「16才9ヵ月」のために
チャンピオンシップに勝ったマルチナ・ヒンギスの隣の会議は、歴史の第2の少年のチャンピオンシップ記録です。
18年より若いプレーヤーが4つの主要な会議に勝ったという最初のために、それが17才11ヵ月の間
1999年に全米オープンのためにチャンピオンシップに勝ったSウィリアムズ以来、女性のものは
シングルヒットを打ちます。


続けるために全米オープンでは、3ラウンドでマリー・ピエルス(フランス)に破られました。
第1シードとして10月を日本開くことに参加して、決勝でアメリカのマショーナ・ワシントン
(B店師ワシントンの妹)を6-6-1得点で困惑させて、2つの会議連勝を成し遂げました。
(10月9日)、6-2で、その日(平年arrived.Even WTAツアー選手権以上のおよそ9,000人の
観衆で年に初めて最初の出演は最も多くを得て、4-6を払ったので、「シャラポワ効果」という語によって
表されたかもしれません)に、直接関東地区をぶつけられる22、6-4は来ます-セリーナ・ウィリアムズへの
勝利の後。

シャワポワ 試合 2005〜2007年シャワポワ 略歴
copyright(C)シャラポワのように…